どうしたらいい? ダンススタジオの開設準備

どうしたらいい? ダンススタジオの開設準備

まず大切なのは物件探し

ダンススタジオを開設したいと考えたとき、まず問題になるのがスタジオとなる物件探しです。予算が豊富であれば、自分で建物を設計すると理想的なスタジオができますが、経済的なハードルが高いので誰でもできることではありません。賃貸物件を探すときは、一定の広さを確保することが基本になります。ただし、ダンススタジオはビジネスの性質上、近隣環境への音もれ(BGMや足音)に配慮する必要があるため、防音設備の追加などの予算もふまえて検討しましょう。防音設備を追加するコストを抑えるため、地下にある物件を探すのもひとつの選択肢となります。

生徒はどうやって募集する?

ダンススタジオを確保するめどがついたら、次に大切なのは生徒の募集です。十分な生徒が集まらないと経営に大きく影響するため、継続的に取り組む必要がある課題です。生徒募集の基本として、スタジオの公式ホームページの準備は欠かせません。ダンスを習おうかと情報を探す人は、まず公式な情報の有無を確認しようとするからです。また、口コミも大切な要素になります。新規にダンススタジオを開設しようとする人は、すでにどこかのスタジオで講師を務めた経験があるはずです。勤務先のスタジオで新スタジオの話をアピールすると、知人に伝えてくれたり新スタジオに移籍する生徒がいるかもしれません、ただし、勤務先と新スタジオが遠く離れている場合はこの手法は意味がないので、スタジオを開設する地域の情報紙などに広告を出すなどの手段を考えましょう。

ジムやフィットネスと同じ感覚で、ダンススタジオを利用することができます。多くは時間制ですが、貸切で使える場もあります。ヨガやダンスに勤しむゲストに支持されています。